オーガニック蜂蜜&チャイ

Organic Honey

フランスの大自然の中で採れた、こだわり抜いた非加熱はちみつ


Linden Honey
西洋菩提樹の蜂蜜

リラックス効果があるとされているリンデン(菩提樹)の花の香りは、中世からフランス人に愛され、教会や修道院の近くに西洋菩提樹の木を植える習慣がありました。その香りは人に忘れられない印象を残し、フランスの作家マルセルプルーストの名作である『失われた時を求めて』のマドレーヌのエピソードに登場するのです。
リンデンの蜂蜜はミントのようなフレッシュで甘みがあるのが特徴です。白い砂糖の代わりにGreen TreasureというMon Jardin Secretのハーブティーに入れるのがお勧めです。ヨーグルトや溶かしたカマンベールチーズにクルミとタンポポをつけて食べるのがフランス人であるMon Jardin Secretの設立者の好みです。


Mountain Flower Honey
山の花の蜂蜜

フランス中部の深い森に囲まれている山を蜂が駆け巡って集めた花の蜜でできたプレミアム蜂蜜です。洗練された香りとクリーミーなテクスチャーで2018年に金賞をとり、フランスのクリスマスマーケットで人気が出ています。砂糖の代わりにコーヒー、Provencal GardenというMon Jardin Secretのハーブティーに入れるのがお勧めです。


Dandelion Honey
タンポポの蜂蜜

畑と山を金色に染めるタンポポは中世からデトックスできる薬草として愛用されてきた植物です。タンポポの花の蜂蜜は甘すぎず濃すぎない、味のバランスのとれたとても食べやすい蜂蜜です。砂糖の代わりにコーヒー、Blooming BeautyというMon Jardin Secretのハーブティーとルイボスティーに入れるのがお勧めです。


Blackberry Honey
ブラックベリーの蜂蜜

薬がなかった中世、農民たちの間では風邪で喉が痛むときに殺菌力と保湿力のあるブラックベリーの蜂蜜を食べる習慣がありました。クリスマスの時に子供が笑顔になるパンデピスのような風味が特徴で、パティスリーによく使われている蜂蜜です。パンに塗って食べると美味しい蜂蜜です。咳が気になる時、Maya Ceremonyやチャイにこの蜂蜜を入れて飲むことをお勧めします。


Fir Honey
モミの蜂蜜

栄養素が豊富なとても貴重な蜂蜜です。モミの木には花が咲かないため、花の蜜からつくられたものではなく、アブラムシの作った甘露を蜂が採集した蜂蜜です。他の蜂蜜よりも色が濃いことは、微量元素とポリフェノールの含有量が高いことの証拠です。生産量は他の蜂蜜よりも少ない希少なものです。焼いたパンのような クセになる味がするため、レストランのシェフに愛用されています。鴨肉やヤギのチーズなどのサラダに合う蜂蜜です。デトックスに関心のある方にもお勧めします。


Chai
チャイ


Tahiti Chai
南国のカクテル


ハワイより自然が多いタヒチ島は17世紀からジェームズ・クックを始め多くのヨーロッパの探検家を魅惑してきた島です。19世紀にフランス領になったタヒチは新婚夫婦のパラダイスとして知られています。南国でのハネムーンはココナッツとハイビスカスのカクテルから始まります
紅茶の代わりにハイビスカスとココナッツをベースにしたとても斬新なチャイです。生姜以外に、本物のバニラ、 オールスパイスなどエキゾティックなスパイスを取り入れた、南国でよく飲まれているカクテルをイメージしたブレンドです。


Cederberg Chai
寝る前のチャイ

美しいアフリカの大自然が果てなく広がるセダーバーグは、ハイキングパラダイスとして南アフリカの人たちに愛されている場所です。

その自然保護区では様々な独自の植物を楽しめ、その中でハニーブッシュが世界中から注目を集めています。 同じ地域で生えているルイボスよりも癖が少なく、甘い味がするのでストレートで砂糖を入れなくても飲めます。
優しい蜂蜜の様な味がするハニーブッシュをベースにしたCederbergチャイはノンカフェインで夜寝る前体を温めたい方にオススメします。


Medina Chai
砂漠のスパイス

赤い土で建てられているモロッコの旧市街であるマラケシュのメディナは北アフリカに位置しているものの千夜一夜の雰囲気を味わえる場所です。
大きな袋に包まれた品物を運ぶロバについていけば、メディナのスークにたどり着きます。そこに中東から砂漠を横断したキャラバンが持ってきたスパイスのマルシェがあります。
そのスパイスマルシェをイメージしたMedinaチャイはシーシャを思わせる燻製した紅茶をベースに、砂漠で取れたクミンを使った斬新なブレンドです。刺激的な辛さはなく、リラックスしたい時におすすめです。


Ispahan Chai
カルダモンリフレッシュ

古代ペルシアの都であるイスファハーンは 旅人を誘惑する街です。ディープブルーと金色で輝いているモスク以外に千夜一夜物語の雰囲気を味わえる古いバザールが今だに生活の中心になっています。
数え切れないほど多くの路地にはスパイスの香りが漂っています。その迷路の中でいくつかのティーハウスがあります。 濃厚な紅茶を飲むことは現地の人にとって毎日の楽しみです。紅茶の苦味を減らすカルダモンを入れて飲むことが多いです。
Ispahan Chaiは口に入れた瞬間にカルダモンのエキゾティックな香りが広がり、とてもリフレッシングなチャイです。


Organic Spices
オーガニックスパイス

フランスで長年伝統的に使われている薬草にエキゾチックなスパイスをブレンドし、斬新なレシピを作り続けています。


Timur
柑橘系の香りがする胡椒

英語ではTimur pepperと呼ばれていますがミカン科の植物です。同じ品種であれ花椒と山椒よりも痺れが優しく、濃厚な柑橘系の味を持つため、2018年12月初旬にMon Jardin Secretがパリで開催したPop-up storeで一番人気のスパイスでした。 ネパールで手摘みされたとても貴重なスパイスです。
Cooking
鍋/ フランスチーズ/ガトーショコラ/
Hot pot / French cheese / Chocolate cake
¥1,188


クミン
Wild Cumin from Rajasthan

人間が滅多に来ないラジャスターンの砂漠で手摘みされたクミンです。水が少なく日差しが激しい、そのような厳しい環境の中では抗酸化作用を持つ芳香族化合物をたくさん分泌するクミンしか生存できません。それが故に栽培されたクミンよりも強い味をしています。
Cooking
カレー料理 / 赤身肉/ワカモレ/野菜炒め
Curry /red meat/tex mex/ fried vegetables

PAGE TOP